うをくらのこだわり

伝統の味を現代に受け継ぐ

「割烹 うをくら」は、仕出し割烹魚倉として業を営んで70年になります。
半世紀の長きに渡り、魚倉の願いは日本料理をより多くの方々に味わっていただきたいという想いでした。

その願いは、割烹 うをくらのオープンというカタチになりました。
日本料理というと、若い方々には何となく敷居が高そうなイメージがあるかもしれません。
しかし、決してそんなことはありません。

「もっと和食を楽しんでいただきたい」
「伝統の味を日常的に、もっとカジュアルに接して頂きたい」
そんな想いをもってオープンしたのが 割烹 うをくらです。

食材の仕入れは早朝5時から始まります。
もっとおいしく日本料理を味わっていただくために旬の素材、厳選された素材に徹底的にこだわります。
そうして和食を知り尽くした料理人の手を経て、うをくらのお料理として並びます。
そして、存分に楽しんでいただくのが、割烹 うをくらの心からの願いです。

  • こだわり
  • こだわり

「少し贅沢に」「ハレの日に」

「少し贅沢に」「ハレの日に」

もっとカジュアルに日本食を、というコンセプトでオープンしたお店ですが、建物は非日常的な空間構成になっております。

お子様の七五三、一升餅、お誕生日、お見合い、各種接待…etc.

「少し贅沢に」いきたいとき、ご利用ください。

和食とジャズライブ

和食とジャズライブ

おいしい和食を召し上がりながら、ジャズで素敵な時間をお過ごしください。

日本料理と「ジャズ」はベストマッチです。

© 2021 kappou-uokura.com.